印

いざという時の為に実印は必要です

私は結婚を期に実印を作りました。作ったというよりも、結婚式を挙げた式場の担当の方からのプレゼントでした。初めはもらえるものは嬉しいけど、必要ないと思っていましたが、結婚したからこそ色々な手続きがあります。その際に印鑑証明を必要とするものもありました。とは言え、実印なんかなんかの機会でもない限り、所謂三文判で事足りますしインク型の印鑑ではなく、朱肉押しと言っても今は簡単に安く印鑑は手に入ります。
でも、いざという時は突然やってきます。私に近々にあったいざということは、父の他界です。この時の手続きにはちょくちょく実印が必要になってきます。どんな印鑑でもいいのですが、役所に登録するので少しは見栄えのする印鑑の方が気持ち的にもいい気がします。
その他にも、車の購入や売却の時にも必要でした。絶対ではないと思いますが、生命保険や自動車保険などの加入にも必要なことがあります。いつかは、いつかは、なんて先延ばしにしているとそのいつかはすぐ間近にあるかもしれません。
何かの節目、結婚や就職・進学を期に作るのもいいかもしれません。節目のプレゼントに実印もいいかもしれません。
小さな実印ですが、とても重大な存在の大きな実印は持っていて損はしないと思います。

実印とはどのような印鑑のことなのか

実印を一言で言ってしまうと、「住民票を置いている市区町村で印鑑登録をしている印鑑」のことです。条件はこれだけなのです。では、どんな印鑑であれば実印として印鑑登録ができるのでしょうか?答えは「どんな印鑑でもできる」です。
ですので、100円ショップで売っているようなもの(よく三文判とか認め印とか言われているものです)でもこの登録をすることができるのです。それではなぜ印鑑登録が必要なのでしょうか?それは、確実に存在する人が確かにその印鑑を使って押印としたという証明を役所という公的機関がすることができるからです。
この印鑑は確かにこの人が押しました、という証拠のためなのです。しかし、そう考えるとどこでも手に入る印鑑というものは少し怖いような気がします。そこで、やはりその人しか持っていないオリジナルの印鑑が望ましいと言えます。また、氏だけでなく名も入れてフルネームで作った印鑑の方がより良いということも言えます。
逆に、名だけの印鑑を作って実印として登録することもできます。せっかくオリジナルで作るということであれば、書体にもこだわりたいところです。どこでも使われているような書体だと、結局見分けがつかないようなものになってしまいます。
また、印鑑とは直接関係があるわけではありませんが、素材にもいろいろあり、こだわることも良いでしょう。

実印とは何か?知っておくとよいこと

賃貸の契約や車の契約に使用すると言われたりして焦ることもございますよね。印鑑を役所や役場で実印登録してあればそれが実印になります。では、実印登録とは何かと申しますと、住民登録をしている市区町村の役所や役場に行って、登録を行えばそれで実印となります。
本人が登録に行くと簡単に済みますが代理人が登録にかなり時間がかかってしますので、そこは注意が必要です。実印登録できる印鑑はどんなもかといいますと、よくハンコ屋さんにいったりすると実印用で新しく作れる様になっておりますよね。
ですが、実はサイズが規定の範囲内で欠けていなければ、既製品でも登録することが可能になってます。おすすめの書体もございます。篆書体と員相体がおすすめですね。篆書体とは、昔から使われている書体で、風格のある印影がいいですよね。また、太枠篆書体は、枠が太くなっているため落とした時も枠が欠けてしまうのを防いでくれたりもするので、実印に利用している方も多いです。
印相体とは、篆書体がベースっとなってデザイン化されているものです。文字が枠に接しているので落とした時などに枠が欠けてしますのを防いでくれますし、複雑な印影の為偽造されにくいのでお勧めです。実印は大切な書類などに使用したりしますので、偽造なども避けたいですよね。

社会人なら実印くらいは持っておきたいですよね。実印をどこで購入したらいいかお悩みならハンコなのに20年もの保証がある印鑑市場の実印が一番です。印材にこだわることも可能なので是非理想の実印を手に入れてください!

ピックアップ

実印の使い方と実印の持つ意味

そもそも実印とは何でしょうか? 実印とは自分が住民登録をしている区市役所に身分証明書と登録する印鑑を持参し、印鑑登録された印鑑を指します。実印の用途はとし…

TOP